日本でも広がる、分散型ホテル「アルベルゴ・ディフーゾ」とは? 世界の第一人者が語る新たな地域再生と旅のカタチ

 日本でも広がる、分散型ホテル「アルベルゴ・ディフーゾ」とは? 


一般社団法人 地域人財基盤が開催した「地方で旅するように暮らし、仕事をするシンポジウム」に、イタリアで「アルベルゴ・ディフーゾ(分散型ホテル)」を提唱するアルベルゴ・ディフーゾ・インターナショナル協会のジャンカルロ・ダッラーラ会長が登壇し、分散型ホテルの潜在力について語った。


分散型ホテルとは、集落内の空き家をホテルとして再生し、レセプション機能を持つ拠点を中心にネットワーク化するもの。イタリアでは、コロナ禍以前から地域再生と新しい旅のスタイルとして注目されていたが、ダッラーラ氏は「コロナで旅行の趣向が変化するなか、イタリアの本質を求めるニーズとアルベルゴ・ディフーゾのスタイルが合致している」と話し、今後さら需要が高まると期待をかける。


イタリアでも、少子高齢化によって、集落での空き家が問題になっているという。その空き家を宿泊施設として利活用し、伝統的な集落の暮らしを、集落以外の人に楽しんでもらう。「大切なのは、旅行者に村人になったように滞在してもらい、その土地に溶け込めるような体験をしてもらうこと」とダッラーラ氏は話す。


特定の集落への共感は、旅人と住民とのコミュニケーションを生むだけでなく、集落内の共有スペースでは旅人同士の交流も生まれる。その「その程よい距離感がアルベルゴ・ディフーゾの人気の理由のひとつになっている」という。加えて、宿泊施設のキャパシティは限定されているため、「オーバーツーリズムにもならないし、密回避にもなる」として、アフターコロナで求められるニーズにも応えられるとした。


Commenti

Post popolari in questo blog

Raggioloにおけるアルベルゴ・ディフーゾ"Borgo dei Corsi"

Il Giappone di Pearl S. Buck